お国ことばで川柳 [壱]

渋谷伯龍

¥1,080 (税込)

NHK青森放送局で6年にわたって続いている「お国ことばで川柳」コーナーにとりあげられた青森県内一円の投稿川柳を色紙で紹介。第1集は179句。選者の人柄と投稿者の熱気が感じられる楽しい一冊です。

商品カテゴリー:

商品詳細

  • 製品番号:ISBN978-4-89297-098-6
  • 内容量:184頁
  • サイズ:四六判(130) [130×188mm]
  • 発売日:2006年09月01日
  • 版 数:初版

説明

序文「ふるさとの記録」より

ふるさとに 忘れられない山がある
ふるさとに 忘れられない人がいる

 小さい頃から引っ越しを繰り返し、ふるさとを持たない私がこんなイメージを持つことができるようになったきっかけは、渋谷さんの色紙との出会いである。

 「渋谷伯龍のお国ことばで川柳」が、NHK青森放送局の情報番組「ゆうYOUあおもり」(現在は「あっぷるワイド」)の週一回のコーナーとして始まって六年目になる。「身近な暮らしと風土の輝きをみつめよう」という地域放送局の使命を果たす上で、なくてはならない人気コーナーだ。

 コーナーが始まってからの五年間は、世の中が様々な面で構造改革を迫られた時期とちょうど重なっている。「安全神話」が崩れ、「格差社会」が生まれ、日に日に暮らし難くなっていくなあ、と誰もが感じてきたはずだ。

 「こんな世の中だからこそ、本当に大切にしたいものを見失いたくない」

 渋谷さんに最初にお会いした時に感じた静かな意志は、その後も揺らいでいない。

 夫婦ゲンカや母親の小言に見え隠れする大切な人への愛情。変わらぬ故郷の山河への憧憬。時代の大きなうねりの中で生きてきた父母や祖父母への共感や哀惜。短い言葉に込められた思いを一つ一つ色紙に描いていく作業は、それぞれの「ふるさと」を刻み込む仕事に他ならない。

 現在募集中のお題は、「山」と「けやぐ」。どんな色紙が出来上がるのか。新しい「ふるさとの記録」が楽しみでならない。

(NHK青森放送局 チーフプロデューサー 前田 直)

掲載されている川柳の題

三角/暦/美味い/待つ/魔法/時間/月給/妻/笑う/夢/地獄/約束/鏡/月/スポーツ/友/涙/泣く/嬉しい/感謝/変わる/光/車/机/外国語/忘れる

あとがきより

 時の流れは早いもので「お国ことばで川柳」の番組を初めてから、もう六年目。みなさんの句をご紹介するのも、はや千四百句に垂んとしております。

 以前から、皆さんから、句集を作るようにという要望が寄せられておりましたが、この度、NHK東京での色紙展を機会に、とりあえず第一集を刊行のはこびとなりました。

 このたびは色紙をお借りした皆さんの句から一七九句を載せさせていただきましたが、引き続き第二集、第三集とまとめてみたいと思っています。

 まず、このような句集が上梓できる事について、NHKのこの番組をメゴがって下さり、句を寄せてくれた皆様に御礼を申し上げます。

 それから、NHKの放送を作って下さっているスタッフの皆さんに感謝申し上げます。

 これからも、この番組が続く限り、私も頑張って行こうとあらためて決心しております。

 皆さんのご協力、よろしくお願い申し上げます。

著者プロフィール

渋谷 伯龍(龍一)
・昭和17年1月2日生まれ
・弘前第一中学校→弘前高校→弘前大学農学部(中退)
・ヨーロッパ、アフリカ、中国、インド、東南アジア、アメリカなどをじょっぱり旅行
・現  在 ㈲銘茶の玉雲堂 代表取締役
      弘前川柳社  茶道遠州流岩木の支部
      弘前保護司会 弘前ライオンズクラブ
・専門分野
 青森県方言の研究、楽しい川柳、ゲームの遊び方、美味しいお茶の飲み方
 ○NHKテレビ「ゆうYOU青森・渋谷伯龍のふる里言葉川柳」
 ○NHKラジオ 今日も元気で!わくわくラジオ「ニッポンあっちこっち」
 ○RABラジオ「アップル・エクスプローラー(りんご探検隊)方言の旅」
 ○陸奥新報「津軽あずましの國・渋谷龍一の津軽弁色紙」
 ○アップルウェーブ「つがるの昔こ」(コーディネイト)
・著  書 「図夢 in 津軽弁」 1集・2集・3集
      「津軽弁いろはかるた」 1集・2集
      「方言川柳句集『あずましの國』」
      「つがる弁かるた」(CD付)
      「津軽弁のむがしっこ」 vol.1(CD)

レビュー

レビューはまだありません。

“お国ことばで川柳 [壱]” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です