印刷ミニ知識:ページ数の概算

原稿は書いてみたけど実際にどのくらいのページ数になるのかがわからない、というのはよくある話で、本の出版に携わっていても正確なところはやってみなければ分からないのが正直なところです。それでも見積もりをする上では概算で出さなくてはなりません。

以下は判型における一般的な行数と文字数の組み合わせで、だいたいどのくらいの頁数になるかを試算したものです。あくまで目安としてご利用ください。

判型 文字の大きさ 行数 字数 原稿用紙200枚 原稿用紙300枚 原稿用紙400枚 原稿用紙500枚 原稿用紙600枚
B5 13級 31行 42字 69頁 103頁 137頁 171頁 205頁
A5 13級 18行 51字 97頁 146頁 194頁 242頁 291頁
四六判 13級 17行 44字 118頁 179頁 238頁 297頁 357頁
B6 13級 16行 42字 133頁 199頁 265頁 331頁 397頁
  • 文字の大きさ13級は3.25mmです。
  • 字数や行数は目安です。
  • 各ページ数は文字で全て埋めた状態の90%の文字数で計算しています。
  • 原稿用紙は400字詰めで計算しています。
  • すべて一段組みの場合です。
  • 欧文などは考慮していません。
  • 一般的には目次、まえがき、あとがきが加わります。
ページの先頭へ