名刺

名刺は自分の身分を提示したりする場合に使われます。そのため個性豊かな名刺がたくさんあります。大きさは通常の名刺の大きさ(91mm×55mm)にするのが一般的ですが、用紙は数えきれないほどの種類の紙を使えます。

用紙

用紙は、いわゆる「名刺専用紙」というのがあります。既製品で91mm×55mmに断裁してあり専門のメーカーが存在します。通常はこの専用紙を使う場合が多いですが、もしこれ以外の紙をご希望の場合、あるいは大きさを変更したい場合は別途ご相談ください。価格は紙にもよりますが、通常は既製品の方が安いです。

紙はお好みのものを持ち込んで印刷することもできますが、用紙によっては印刷方式が限定される場合がございますので、事前のご相談ください。

企業で使用する場合などは、台紙として個人名以外をまとめて印刷しておいて必要に応じて名前と部署名、肩書きなどだけを印刷することもできます。

デザイン

デザイン以外で人目をひく名刺をつくる場合には、既製品でもちょっと変わった名刺用紙を利用したりします。柄入り、木目や和紙のものがあります。木目のものは薄い紙に本物の木を貼付けたもので大工さんなどが好みます。和紙は手触りもよく上品ですが価格が高くなります。また、大きさはメモ欄をつけるために大きさを91mm×110mmにし、二つ折りにして使う名刺もあります。

ロゴマークは印刷するのが一般的ですが、箔押しや型押しなどもよく用いられます。印刷するよりも重厚感がでます。この場合は最初に型をつくるために別途料金がかかります。一度型を作ってしまえばあとは何度でも使えます。

その他

名刺といっても工程上名刺と同じであれば、会員カードやショップカード、POPにも使えます。

ページの先頭へ