本体価格で表示しております。別途消費税が加算されます。

19件 あります   ページ(10件/頁) 12

詳細はこちらです
北方新社 野良生治詩集 津軽エレジー
野良生治
2016年12月20日初版発行・四六判・114頁・ISBN978-4-89297-235-5

-だからその風土は 汚れがなく凛としている- 津軽の切なさ、あたたかさを詠み込んだ、故郷に捧げる第五詩集 詳細はこちらでどうぞ!

1,000円+税     

詳細はこちらです
北方新社 わたしのスター日記 セレクション
髙瀬霜石
2016年06月06日初版発行・A5変形・180頁・ISBN978-4-89297-232-4

地元紙で好評連載中のコラムをオールカラーで書籍化。柳人として知られる著者が知性と好奇心の赴くまま書き連ねた名優放浪。映画の魅力がたっぷり詰まった180頁。 詳細はこちらでどうぞ!

1,500円+税     

詳細はこちらです
北方新社 詩集 物質の見る夢
佐藤和己
2016年06月01日初版発行・A5変形・88頁・ISBN978-4-89297-233-1

札幌市在住の作者による最初で最後の個人詩集。現実と虚構の狭間、自己と他者の境界をさまよう男の行き着く先とは-。 〈目次より〉 旅する男/あなたとわたしそしてわれわれ/影絵の中の街/物質の見る夢/鳥の影 詳細はこちらでどうぞ!

1,000円+税     
北方新社 横顔 齊藤泥雪句集
齊藤泥雪
2016年05月20日初版発行・A5判・220頁・ISBN978-4-89297-231-7

第一句集『雪明り』以後、平成13~27年に発表した作品から400句を厳選。四季に遊びつつ即物具象と抒情の調和を目指す第二句集。 カバーデザインは版画家の松江喜代寿。

2,000円+税     

詳細はこちらです
北方新社 詩集 妖怪たちの夜
野良 生治
2015年12月15日初版発行・四六判・108頁・ISBN978-4-89297-221-8

幼い日の記憶から紡がれるノスタルジックな第4詩集。一夜一心、戦争、黒のブルースほか全48篇。 詳細はこちらでどうぞ!

1,000円+税     

詳細はこちらです
北方新社 詩集 千羽鶴
一戸恵多
2015年08月10日初版発行・変型判・72頁・ISBN978-4-89297-218-8

緑、グレー、ピンク・・・ページを繰るごとに彩りを変え、読み手の詩心をくすぐる第二詩集。 詳細はこちらでどうぞ!

1,500円+税     
北方新社 弘前詩塾叢書6 詩集えあぷれーん
山形崇
2014年03月21日初版発行・A5判・52頁・ISBN978-4-89297-200-3

透明な決意とささやかな含羞(がんしゅう)

1,000円+税     

詳細はこちらです
北方新社 愛桜亭家集 幕末津軽の歌人 毛内たき
解読 田澤 正
2014年01月15日初版発行・A5・144頁・ISBN978-4-89297-194-5

「古今名婦鏡」に載る津軽の女流歌人の作品の全貌をはじめて解読し、その実像に迫る。限定出版。 詳細はこちらでどうぞ!

1,800円+税     
北方新社 俳人の詠んだあおもり 第4集
小野いるま
2011年11月20日初版発行・A5版・308頁・ISBN978-4-89297-164-8

県外、県内を問わずゆかりの俳人を紹介する。武原はん女、深田久弥、坊城俊樹、大塚甲山、加藤郁乎ら151人を収録。

2,600円+税     
北方新社 解読 獨楽徒然集
監修 田澤 正
2011年05月30日初版発行・A4変形判・114頁・ISBN978-4-89297-160-0

享保十六年、津軽信寿公が編纂した豪華文芸版本を畑山信一、田澤正、鳴海紀が初解説。 一蜂、破笠らの挿画が華を添え、君臣相集いて和歌・連歌・漢詩を楽しむ風雅な往時が偲ばれる。

2,000円+税     
19件 あります   ページ(10件/頁) 12
ページの先頭へ